ボリンジャーバンドで為替の流れを分析しよう!【バイナリー攻略法】

ボリンジャーバンド

為替や株式のテクニカル分析で非常によく使われているのがボリンジャーバンドです。

そもそもボリンジャーバンドって何よ?

この分析の見方を説明すると、21日移動平均線からのチャートのかい離を標準偏差で表したインジケーターで、上下に振れたチャートが戻る力を見ます。

相場は極端な動きを示した後は、逆に戻ろうとする力が働きます。押し目や反転のきっかけになるところがわかる場合もあります。

これをバイナリーオプションに応用すると・・・

バイナリーオプションでは、超短期の取引もありますので、たとえば5分足などで相場が急騰急落してボリンジャーバンドの3シグマラインに振れたとします。

そうすると上がりすぎ、下げすぎと判断した人たちが利益確定するので、相場の反発が見られます。

その時を狙ってハイローでエントリーする手法が考えられます。

ですが、この手法はそれほど高確率で勝てるとは言えません。

まず反転するといっても、どこまで戻るのかはわからないからです。

FXでも、ボリンジャーバンドを主体とした手法がありますが、決して単一の時間帯だけで判断はしません。

日足、4時間足、1時間足などを見て5分の動きを予測します。

ですので、もし為替の動きを利用してバイナリーオプションを行うのであれば、やはり長い時間足をすべて確認する必要があるでしょう。

強いトレンドが発生してるとき、たとえボリンジャーバンドの3シグマラインに触れたとしても、トレンドの方向へとすぐに戻ってしまうことが多いのです。

国内ではできませんが、海外のバイナリーオプション取引にある60秒トレードならば、5分足や1分足のトレンドを予測することができるかもしれません。

>>初心者でもチャートの動きが読みやすいバイナリーオプション業者はココだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)